隼と蒸気と秘密のガキの花園

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へにほんブログ村 鉄道ブログへ

昨日、ひょんなことから「隼」の映画を見た。
「隼」と言っても今話題の探査機や新幹線ではなく戦闘機
タイトルは「翼の凱歌」?
当地の明野航空学校等をロケ地としている映画で
あの黒澤明氏が脚本を手掛けている。
皆で「隼、トップガンより凄いよなぁ」(飛び方が)と・・・

そこで戦闘機の「隼」を調べていたら
次の記述が・・・
「開発に研究課空力班からは戦後に国産ロケット開発で大きな足跡を残すことになる糸川英夫技師が設計に協力した」
あれれ?「イトカワ?」
やっぱり探査機と関係あるの?

で・・・
さぁ困ったなぁ
どうやって煙と繋げるかなぁ
ん・・・
単純に昔繋がりということで

此処は我々の秘密の花園
何故煙も全く出ない此処が我々の秘密の場所かというと
学校の校庭の下であり、
この前に信号機があり貨物のD51等が止まり
機関車が目の前で見れて機関士とも少し話せるから
やっぱりこの時はガキだったんだね
煙のない意味のない写真を随分撮ったもんだ

でもネットで参宮線の蒸気の写真を調べてたら
神戸の方が此処で撮っていたのでびっくりした~
一瞬仲間かなと思いましたがな・・・
c0173762_2157251.jpg

写真は鷲?鷹?かもめ?デフマークの940号機


        
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ

此処はパワースポット
此処を押すと・・・さてさて???
ジョニやんが元気になるだけでやんす
アハハ!!
[PR]
by havajony | 2010-06-16 21:58 | 参宮線 | Comments(8)
Commented by ねこ at 2010-06-16 23:42 x
青森行き新幹線も「はやぶさ」。ついでに八戸行き新幹線は「はやて」。
なぜか東北新幹線は旧日本陸軍の戦闘機シリーズになっています。
Commented by havajony at 2010-06-17 00:05
ねこさん
東さんもこの「はやぶさ」ブームに乗りたいとこですね
途中下車無効ですよね
Commented by まこべえ at 2010-06-17 00:47 x
「翼の凱歌」とは、また古い映画をご覧になりましたね。
探査機「はやぶさ」つながりでしょうか。
ネットでは、両者を結びつけた俗説が広まっているようですが、「はやぶさ」は、上空から狙いを定め、獲物をつかんで飛び立つ鳥のはやぶさのイメージから命名されたもので、戦闘機の隼とは関係ありません。
糸川博士が隼の設計に関わったのは事実ですが、これは全くの偶然で、まず探査機に「はやぶさ」の名がついたあと、小惑星の名称が糸川博士の名に由来する「イトカワ」に決まりました。
しかし、今回の成功を糸川博士もきっと空の彼方で喜ばれていることでしょう。

ところで当時、奈良には、鹿だのカモメだのツバメだの、いろいろなマークをつけたD51がいましたね。
940号機は、カモメでした。
Commented by くろくま at 2010-06-17 08:47 x
子どもの頃の秘密基地。懐かしいなぁ。
こんな汽車が見られる場所があって良かったですね。

今でも高みの撮影場所はくろくまの秘密基地みたいなものですよ!
Commented by KOPPEL-2 at 2010-06-17 09:18 x
ジョニ-様 地元大宮にも『秘密の花園』っていうお店がありましたよ。
体験しないうちに、なくなってしまいましたが・・・
この罐は自分も撮りました。D51伊賀号等のイベント列車多数ありましたよね。 一度も出かけませんでしたが・・・でも東海道でC62が走った時行ったかな 秘密基地といえばGUAMの横井ケ-プ。恥ずかしながら観に行きましたよ。名古屋の自宅博物館も行きましたけどね。
 くろくまさんとはお互いにシ-クレットな部分を共有しますが、プハ-の無かった頃の秘密基地では何やってたんでしょうね?・・・
Commented by havajony at 2010-06-17 12:44
まこべえさん
「翼の凱歌」ご存知でしたか。さすがですね
昭和30年代後半の住宅地図を見ていて、
「へぇ~此処はこんなになっていたんだ?」と言ったら
横にいた元M新聞記者がこの映画に詳しくて
「そこでロケした映画があるよ、なあ○○君(同僚)」ということになって
横にいた同僚がDVDを出してきたんですわ。
(「何ですぐ出てくるんや」と思いましたが・・・)

糸川博士とは偶然ですか?
でも縁とは恐ろしいものですね
本当にお慶びのことでしょうね

940号のデフマーク、当時あれは何や?と話題になりました。
最終的には「かもめ」だろうなぁということになってましたが、ガキ共の中では決着はついてませんでした。
奈良機関区のデフマークの蒸気は人気でしたから、毎日今日は何が来るのかと楽しみでした。三十数年前の良い思い出です。

Commented by havajony at 2010-06-17 20:26
くろくまさん
大体機関士さんと話が出来るところが秘密基地となっていました。もう1ヶ所は冬の寒さも凌げるツルの中でした。
くろくまさんが冬眠できるような・・・(笑)

KOPPEL-2 さん
きた~!!
来ると思いました秘密の花園
名古屋の自宅博物館ってなあに?
(聞くとまずいかなぁ)
>プハ-の無かった頃の秘密基地では何やってたんでしょうね?・・・
違うものを抜いとったのでしょうね、きっと・・・
Commented by KOPPEL-2 at 2010-06-17 23:22 x
ジョニ-様 秘密の花園のサ-ビス悪かったのかなぁ 経験しなかったのが悔やまれますよ。・・・
 名古屋市中川区にある横井庄一記念館ですよ。 横井さんは日本陸軍伍長ですからねぇ 自分も音楽活動で遮光布付きの野戦帽を被ってステ-ジにたつ時は『よっこい庄一』を名のります。  ユ-ミンの『♪あの日に帰りたい』が元唄なのですが『恥ずかしながら あの日に帰りたくない』というのが我RailingStonesの持ち歌です。 『♪恥ずかしながら 破った写真を・・・』と続きます。 都議選に立候補したんですよ。 『女子大生よ、もっと困れ!』の著者でもあります。 自分の父も学徒出陣で行進してますので、自分も神宮が好きなのかな。 
 くろくまさんは当時から群を抜いてましたから、高見の秘密基地ではそう考えるのが自然でしょうね。 自分もイメ-ジトレ-ニングのやりすぎですっかり背が伸びなくなりましたねぇ 
 
<< 遠くで走る汽車は子守唄にとって... 貴婦人出撃・・・・・? >>